犬用・猫用サプリメント・健康器具専門店|犬と猫の救命について

カートを見る
ページの先頭へ戻る
犬と猫の救急箱 インターネット24時間受付中! TEL 0120-100-779
犬と猫の救急箱は、犬と猫の健康をサポートするサプリメントや健康器具を取り扱っています。何よりも病気予防にご活用頂くことをお奨めしますが、
現在、闘病・療養中のワンちゃんやネコちゃんには、病院の治療と併せてお取り組み頂ければと存じております。
subtitle_02
犬と猫の救命について
犬と猫の自然食販売に携わり9年が経過しようとしてます。

9年前は今ほど国産・無添加・自然食にこだわった商品も少なかった分、消費者にもその存在が知れ渡っておらず、事業部を立ち上げてから丸3年間は最高売上50万弱、人件費分にも満たなくて大変辛い日々が続きました。

しかしながら、取り扱っている商品には絶対の自信がありましたし、この商品に勝るものなし!成功するまで続けていこう!そんな風に弱気を封じ込めながら取り組み続けているところに転機が訪れ、現在のように全国のたくさんのお客様にご愛顧いただくまでに成長することが出来ました。

もちろん、だからといって商品をお届けさせて頂いたお客さまと、いつも円滑な関係でいられるものでもありませんでした。

なぜならば、お客様との出会いは、多くの場合、その子(愛犬・愛猫)が病気だったり高齢化している状態での出会いだったからです。

弱っているうえ、嗜好性(人工的な香料などの強い味)の高い食品に舌が慣れてしまっており、味気の無い自然食品と思ったのか!?なかなか食べてくれない子・・・

あるいは消化しやすいものばかりで構成されたフードを食べさせられてきた子は、食物繊維に反応して下痢したり、吐き戻したり、食べてはくれるものの、飼い主さんの不安が膨らむような事態を迎えたり、説明に明け暮れる日々もありました。

ただ、どんな条件であろうと、食べ物自体が間違っていない!という絶対的な自信が支えとなり、事業を継続していく中で、数々の奇跡も目撃することが出来ました。

しかし、人間とは欲深いもので、病んでから出会うのではなく、病む前から私共のフードをご利用頂けないものかと次第に思うようになりました。

そのためにドッグフード・キャットフードで検索エンジン対策を強化しようとしたり、下手なりに頑張ってみましたが、国産・無添加・自然食・犬猫・これらキーワードが強すぎることもあり、なかなか思うように行きませんでした。

最近でこそ、多少知名度が上がり、屋号で検索頂いたり、子犬・子猫のうちからご利用いただく機会も徐々に増えてまいりました。
life-saving_img01

このことは、犬や猫の寿命にも大いに関係あると存じておりますし、嬉しい兆候ではございますが、そうはいえ、依然、メインの出会いは「病気の犬と猫」・「高齢の犬と猫」という部分に代わりはありません。

そこで、私は悩みに悩み、およそ一年間の準備期間を経て、本格的に取り組みを決意したのが、苦しんでいる子(犬と猫)と、主食以外でともに戦うための製品を準備することでした。
とはいえ、病気と向かい合うことは、死をも隣り合わせの場合があり、そういった点では、正直、避けて通りたいという気持ちも沸いてくる反面、だからこそ、私のようなマニアック人間にとっては、挑戦心をくすぐられる部分でもあります。

代替医療という言葉を知り、東洋医学を独学で勉強し始めて15年が経過します。

病気から始まった学問 → これが西洋医学
   赤丸 クシャミが出るからクシャミ止め
   赤丸 咳が出るから咳止め
   赤丸 下痢になったから下痢止め
   赤丸 熱が出たから解熱剤
life-saving_img02
健康でい続ける・病気にならない学問 → これが東洋医学です

スタート地点が余りに違いますし、何より国内における権威が余りに違い過ぎ、15年前は今よりもずっとずっと厳しい見方をされていました。

しかし、ここに至るまでの医療機関の努力で、様々な代替医療法が実際に臨床試験の対象となり、以前では考えられなかった成分が薬品として認証されたり、わずか10数年で、代替医療に対する医師の考え方、受け止め方、取り組み方も大きく変化してきました。

大学病院の中で、がん患者さんに酵素飲料を飲ませてみたり、低線量放射線(ホルミシス)を用いてみたり、以前ではなかなか理解してもらえなかった分野に、積極的に取り組む医師が多く見受けられるようになりました。

検査方法・検査技術・手術方法・手術精度・検査薬品・抗生物質・ほか、西洋医学として発展してきた部分による延命年数には、いくつかの見方があるようですが、戦後、寿命が大きく伸びたのは栄養が満ち足りるようになったためで、西洋医学の進歩における延命効果は10年、いえ7年という厳しい見方も一部にはあります。

私もそれに近い印象を持ち合わせておりますが、医師が国民の病気を予防することで評価され、実益もそれに伴うのであれば、医療はもっと違った方向に進んでいたと思います。

風邪で来院した患者に・・・

大丈夫、これはただの風邪だ!栄養と休養をしっかり取って治すように!

今日は、取り立てて注射も投薬も必要ない!そうやって治せば、次同じウィルスが舞い込んできても、今度は大丈夫だぞ!

大人になるほど風邪をひく回数が少なくなるのは、ウィルスと戦った戦闘記録が脳に残っており、二度目以降は適切に処理してくれるからなんだ!

つまり、現代っ子が年に何度も風邪をひき病院に来る理由は、わしらが抗生物質を簡単に出し、自分の力で治す力を疎外しているからなんだ!

な~んて本当のことを言っていたら、病院はつぶれてしまいますし、新しい機械すら導入できなくなるのです!

とりあえず注射しておきましょう!とりあえずお薬出しておきますから!

これが決まり文句ですが、本当のところは、注射も投薬もしない方が後々いいのです!
犬と猫の不思議体験 喜びの声
botton10_2 犬と猫の不思議体験 喜びの声botton10_4
botton10_5
私達には、

赤丸 鼻毛があり
赤丸 鼻水も出るし
赤丸 クシャミも出ます
赤丸 熱も出るし
赤丸 下痢もします

これって全部、ウィルスと戦うための免疫機能に他なりません。

この全部を使わずして風邪と戦う!

このことにより病院や製薬会社が儲かる!

こんな仕組みを長く容認してきたのはどこのどいつだ!といいたくもなります。

life-saving_img03 正しい医師、優しい医師は儲からず・・・ 

切って刻んで薬を出す順番に儲かる!ってどういうことでしょうか・・・

しかし、このような実態は人間ばかりではありません・・・

ペットの場合、もっと酷いことが行われています・・・

顕在化しにくいだけの話です・・・

皆さんの大切なペットが命に関わる事態に陥ったとき、知識の無い飼い主さんなら当然うろたえますよね!

そんな様子を冷静に見ながら、いくら稼げるか計算している獣医も少なくありません。

そんな奴がいるはずがない!人間としてそう思いたいのは山々ですが、実際に「切った方が」「投薬した方が」儲かるに決まっているのですから・・・

その点(経済)では、人間の医師も獣医もほとんど変わりはありません。

病気をさせないための講習会をやっても、せいぜい取れる料金は知れています・・・

しかし、病気になってからだと、飼い主はいくらでもお金を出します・・・

つまり、医師の評価の仕方(地位も報酬も)を変えない限り、直ぐ切ろうとする!直ぐ薬を使おうとする!他は指導しない!という医者がいても何ら不思議ではないのです。

過疎地域で自腹で借入をして地域社会を必至で支えるような殊勝なお医師さんも稀にいますが、多くは就業時間と責任と身入りで職場を選びます。

これはある種当然のことですが、そうはいっても、人の命を預かる極めて特殊な仕事ですし、選ばれた精鋭なのですから(例えなりたくても、まず学費が無理という人の方が圧倒的に多い)、待遇は国や地方自治体が補償し、その代わり配属先の選任権を持つようにするなど、何がしかの改革が必要なのだと思います。

正しいことを目指せば、これまでの既得権を喪失する医師や企業や政治家も多くいるでしょう。

しかし、いつまで放置するのですか?このままで大丈夫ですか?
税の使途を見直すことこそが、現政権を選択した国民の願いです。

今よりももっと頼りになる医療が行われるための制度改革、そして積極的な代替医療の投入、急いで欲しいものです。

四角 医者になりたくても、家庭の事情でお金が無い子をもっと強く補助して欲しい

四角 医師にもドラフト制度(ウェーバー)の導入を・・・(これは過激すぎますね・・・)

四角 予防医学貢献度を賃金に反映させる仕組みの導入を・・・
  投薬量<
  手術回数<
  寿命>


四角 医師の育成能力(先生を作る先生)に適切な評価制度を・・・
life-saving_img04

などと、素人の私だから言いたい放題ですが、申し上げたいのは、もっともっと積極的に予防医学を浸透させ、代替医療にも力を注ぎ、それでいて医師の皆さんの能力が活かされる仕組み、つまり、薬で儲かる!ではなく、健康にしたから儲かる!病気にならないように貢献したから儲かる!そんな観点をもっともっと強く意識して行政も動いて欲しいものです。

救急医療からは医師が逃げ回り(不足は理解できます)、代替医療は蔑まれ、予防医学では儲からず、これではお先真っ暗です。

動物(ペット)も凄い勢いで、ただただ無造作に増えていっているように思いますが、医療機関の整備、本当に大事だと思います。

どうか、政官業、協力して、望ましい姿の医療体型になりますよう頑張っていただきたいものです。

それが叶うまで、ペットを飼うものとして・・・

四角 いい先生を探す! 矢印 口コミ 矢印 建物が立派だからいいとは限らない 矢印 宣伝量警戒

四角 予防医学を学ぶ! 矢印 食べ物 矢印 大きな会社が正しいとは限らない 矢印 誇大広告警戒

四角 代替医療を学ぶ! 矢印 サプリメントなど 矢印 知識がある会社と付き合う 矢印 素人警戒

これらの意識をもって飼い主を続けましょう!!

どんなときでも、
私たちは出来る限りのお手伝いを誓います^^

でも、何よりも望ましいのは、予防すること!です^^

ご利用案内

オレンジ丸 発送詳細
お届けは佐川急便を利用しています。
佐川
※商品のお届けは、ご注文後1週間以内となります。
(地域によって異なります)

※休日のご注文の場合は、翌営業日以降の発送となりますのでご了承願います。


time01
オレンジ丸 送料について
全国送料一律 500円
※1万円以上お買い上げで送料無料!

(離島・一部地域では別途料金が必要な場合があります)


オレンジ丸 返品・交換について
返品・交換は、商品到着後8日以内であれば、未開封・未使用のもののみ有効です。商品返送前に必ずお電話にてご連絡ください。
矢印 詳しくはこちらから
オレンジ丸 決済方法
お支払いはコンビニ後払い・代金引換・銀行振込がご利用いただけます。
◆ コンビニ後払い [ 手数料無料 ]
請求書は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にコンビニでお支払い下さい。
 (お届け先により、請求書が先に届く場合があります)
詳しいご説明はこちら
◆ 代金引換 [ 手数料無料 ]
商品をお受取りの際に代金を配達員にお支払ください。
◆ 銀行振込 [ 前払い ]
[ お振込み手数料 お客様ご負担 ]
・三菱東京UFJ銀行 福岡支店
 普通預金 2304478
 株式会社Joyプラン(ジョイプラン)
・ゆうちょ銀行
 番号 17490-60722041
 名義 株式会社Joyプラン(ジョイプラン)

ミドリムシ 体験談ミドリムシ
ペットフードが危ない
店長の選球眼 救命について 病気と介護
営業カレンダー

トップページ 商品一覧 ご注文方法 特定商取引に関わる表示 プライバシーポリシー 会社概要 お問い合わせ
犬用・猫用サプリメント・健康器具専門店
犬と猫の救急箱
info@midorimushi-shop.com
Copyright (C) 2010 midorimushi-shop.com Corporation. All Rights Reserved.
This site is owned & Operated by Splendor Global Pte. Ltd.
10 Anson Rd. #26-04 International Plaza Singapore (079903)